手技を偉い先生に習って習得しても、その人が凄い人になったわけではない。逆にもっと腰を低くしたり、周りに気を配ったりが重要になります。

ついつい勘違いして、偉い先生の系列ということで、ホスピタリティがかけてしまうことがあります。そうなるとセラピスト自身やそのサロンが重大な問題を抱えることになってしまいます。

そのことについて、動画で説明しています。

セラピストになる!自身をブランディングしたい!!とお考えのあなた

お気軽にお問合せください。

お名前 (必須)

名  

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文